求人管理ID E40203/411
会社概要 日系大手ECサイトサービスカンパニー(東証一部)
会社規模 501-5000人
役職・部署名 データサイエンティスト
仕事内容

たまらなく楽しい仕事をあくまでビジネスインパクトに拘り、「大胆に」データサイエンスをぶん回していく、そんなポジションです。
データサイエンスのあり方を一緒に創っていくチームメンバーを求めています。

BIS (ユーザー行動理解からの戦略)チームは、顧客の欲求や行動を理解することで、ビジネス戦略を策定、実装することを目的に設立されました。グループの幅広い事業を舞台とし、広く「プログラミングのできるマーケター」や「マーケティング戦略に優れたプログラマー」としてイノベーティブな解決策を提案、実行するデータサイエンティストを募集しています。

BIS (ユーザー行動理解からの戦略)チームでは グループの事業戦略の提案、実行するため、ビッグデータと呼ばれる大量情報の解析をもとに、ユーザー行動と欲求の理解を進めます。 チームのゴールはユーザーの購買行動などに影響を与える隠れた要因を仮説構築、検証を繰り返すことで見つけ出し、施策を策定し、サービスを改善することです。

一方、BISは売り上げや利益といったビジネスのKPI(Key performance indicator)を上げることを最重要視し、ROI(Return of investment)として利益ベースで給与の「倍返し」を目標値として設定します。

BISでは、金融、ゲーム、広告に適応される既存のデータサイエンスだけではなく、保険、電子マネー、野球といった多様な事業形態に基づいたクリエイティブなアプローチ作り出します。既存の枠を超えたフレームワークで、人工知能や機械学習といったテクノロジーを、全く新しい課題、事業に対して適応する機会が沢山あります。

「必要は発明の母」という言葉にもあるように、新しい事業があるからこそ、新しい課題が存在し、そこには新しいデータサイエンスのイノベーションが存在する。そしてその先にお客様の生活を変えてしまうぐらいの「おもてなし」を提供していく。そんなチームを一緒に作っていきませんか?

このチームは直接、社長を含む役員陣へレポートし、他部署と協力し、エビデンスに基づいた施策を実行するため、経営と近い距離で仕事を行います。

アドバイザー的な立場ではなく、「当事者」として事業と一体となり、大きくビジネスインパクトのある仕事をしていく。
たまらなく楽しい仕事を最後までビジネスインパクトに拘り、「大胆に」データサイエンスをぶん回していく、そんなポジションです。応募をお待ちしております。

事業に対してインパクトの出るデータサイエンティストは主に以下の4つの重要な作業をこなします。

1. 仮説立てとROIの概算:事業の人との話し合いや資料を読むこと、実際にサービスを使ってみることで事業のビジネスモデル(例えばトラベル)を理解し、UX(User experience)を描く。お客様の観点から現状のビジネスの問題点や改善可能な点を見つけ出す。それらに基づき、行動変容の仮説を立てる(何をすればお客様によりサービスを使ってもらえるようになるのか、ということ)。それらの課題を解決した際のROI(return of investment)を概算する。

2. 分析:ビジネスインパクトの大きい課題を、分析。具体的な解決策に落とし込む(例えばリターゲティングメールや、ある条件化における価格設定最適化)。

3. 検証:機械学習や顧客理解のフレームワークを用い、問題を解く(例えば決定木やSVMによるターゲット顧客の推定)。テストマーケティングや機能のA/Bテストにより、事業(CVRや売り上げ、顧客満足度といった各種KPI)が改善されたかを検証する。

4. 仕組み化:証明された解決策をスケールさせるために汎用な形にする。自動化するためにスキームを考え、開発できるような形にしてエンジニアに引き渡したり、場合によっては自分で実装する。

これらの手順のうち、このポジションではとくに2と3の能力を重要視します。
同時におけるデータサイエンスの圧倒的な魅力は「問題提起能力」を重要視することにあります。

「問題解決能力」だけではなく、「問題提起能力」を最大限に発揮してもらえる場を準備していますので、独創的なアイディアを持った人が活躍できる場所です。ビジネスマンとしても、プログラマーとしても活躍できる場所ですので、経験を通じて、どちらのスキルアップも図ることができます。また、非常に多様な事業形態を体験することでビジネスセンスが一段と磨かれる機会が存在します。

勤務地 東京都
業種 •流通・小売・サービス / サービス
年収 600万 ~ 1200万
対象年齢(対象年齢) 25 ~ 42 歳
年齢制限理由 技能等の継承のため労働者数の少ない年齢層を対象とするため
応募資格 統計、機械学習、プログラミング、マーケティング、学ぶ速さ、のどれか一つに秀でていること。
プログラミングのスキル(言語は問わない) 統計の理解。機械学習の理解、経験。
マーケティングへの興味。ビジネスへの関心。学ぶ速さ。
最高のチームを作っていくために、最高の才能には最大限の待遇で迎えます。
パフォーマンスを重要視した評価になります。