転職に当たって退職の仕方は大事です。
賢い退職ができれば、転職後も、今までの人脈を活用できる可能性があります。
円満に退職するために必要なこととは。

退職願は会社で用意してある場合も多いです。
ない場合は以下を参照。

  • 退職願の書き方
  • 退職時に返却するもの・受取るもの

退職願の書き方

  • 退職願は会社で用意してある場合も多いです。ない場合は以下を参照。
  • 白地の封筒に入れ、表に「退職願」と記入。
  • 封筒の裏に部署名、氏名を記入。
  • 書き出し  --- 「私事」または「私儀」とし、表題から1行あけた次の行の一番下から始める。
  • 退職理由  --- 「一身上の都合」と記入するだけで十分です。
  • 退職日   --- 話し合いで決めた日付を記入。
  • 届出年月日 --- 退職願いを提出する日付を記入。
  • 所属、氏名 --- あて名より下の位置に所属と名前を記入し、名前の下に捺印する。
  • あて名   --- 代表取締役である社長名を記入。

●サンプルはこちらにてご参照して頂けます。

退職時のチェック事項

●受け取るもの

■雇用保険被保険者証 失業給付の手続きに必要なほか、転職先にも提出する
■年金手帳 新しい転職先に提出
■源泉徴収票 所得税の確定申告等に必要な書類。年内に再就職しなかった場合必要

●返却するもの

身分証明書 退職時に、社員であることを証明するものを返却。
健康保険証 加入者が退職したときに、健康保険は脱退する。
通勤定期券 退職する日に返却

※現在の職場で築いた人脈を今後も生かすためには、賢く円満退社をしなければなりません。
そのため、今迄その会社でお世話になってきた人達(上司、同僚、顧客、会社)には感謝の気持ちを持ち、誠意を持って対応しましょう。
そのため、退職の申し出を何時するのかが一番重要です。この切り出し方を誤ればトラブルに発展する事も有ります。
まずは、上司の面子を保つ為にも退職の意志は、直属上司から(同僚には漏らさない)行いましょう。
退職の理由としては、個人的な理由にし「給料が安い」などの会社に対する批判を理由にやめるのは避けて下さい。
転職先が確定していても、社名を伝えることは避け、××業界に転職しますという程度ににして下さい。