外資系IT企業の厳しい面接に耐えられる方法を御用意しました。
御参考になれば幸いです。

面接は一回勝負なので、用意周到に準備したうえで自分をアピールすることができるように、事前にトレーニングをしておきましょう。

面接で聞かれることのポイント

  • 「何ができるか」
  • 「何をしたいか」

このポイントをもとに下記の5つの面接で必ず聞かれる事項に対して対策を練りましょう。

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • 応募動機
  • 強みと弱み
  • 仕事観と人生観

面接におけるものの言い方のポイント

堂々と転職理由を明確に言いましょう せっかくがんばった面接も不採用となる理由のひとつが『転職理由の不在』です。面接担当者は採用して同じような理由で辞めてしまうことを一番恐れています。会社への不満などがそれにあたります。だから、キャリアアップなどポジティブな理由である事を伝えましょう。
現在の企業秘密は絶対に言わないようにしましょう 企業秘密に関することには絶対触れないようにしましょう。なぜなら、面接担当者は採用後、実際に働いてもらっているときに、同じようなことをするかどうか見極めます。
質問は絶好の売り込みができる瞬間 面接官が最後に『なにか質問はありませんか?』といった質問が来た場合、売り込みチャンスとみて、何もないですと言うより、入社後どんなことが起こるかを考えて、つまらない質問かもしれませんが丁寧に聞いてみよう。あなたがいかに真剣にその企業で働きたいかを示すチャンスです。
初回面接で給与提示は要求しない 給与に関しては、積極的に初回の面接から聞くのはやめましょう。ただし、面接者が積極的に給与の話をした場合は別です。その際には、金額を提示し、それがなぜ正当性があるのか具体的にしかし簡潔に答えましょう。