今迄HPを三回変更しました。
最初、2000年にインタキュー(現GMO)の非常に簡易なHP制作キット(数万円)で作成し、VORTEXでドメイン名取りたかったのですが既に使用されて居たので、略してVRX.CO.JPで始めました。

その後、広告サイトへバナー広告を出し始め、容量不足から2001年にアスタリック社に新規HP作成を依頼しました。容量アップが目的で扱い案件についての検索機能はなく、ひたすら表示しまくるタイプでした。
2001年3月に日経新聞夕刊へ7段広告や、考え付く限りの各種検索エンジンに広告を載せ、1ヶ月1200万円の広告費を使って反響をチェックしましたが、対応の限界を超え問合せへのフォローも弱くなってしまい、コンテンツの内容について考えさせられる状況でした。

セプテンバーイレブン以降、因り多くの候補者を発掘すべくJapan.internet.comへの広告を検討して居た時に、ファインドスター(現メタフェイズ)社からネットプロモーションする為のHPの提案が有り、2002年4月HPの作成を依頼をしました。運営者が多くの面で作成に関わり、半年以上掛って2002年12月頃完成しました。

其れから10年以上HPを機能アップして居ませんでしたが、昨年スマートフォン対応等含めてリニューアルを考え始め、丁度メールのHP作成広告を見て居ましたので、幾つかから2社に絞り込んで会社にお伺い(運営者は必ずビジネスをする時は先方の会社にお伺いします)し、一番熱心で本当にHP作成に拘りが有りそうな株式会社シンク社と出会えました。
決定迄時間が掛り、仕事の都合で夜自宅での打合せにも付き合ってくれ、今HPリニューアルへの思いを込めた作業を手伝って貰って居ます。